神崎アレンのポケモン部屋♩(kanzakiALLEN’s blog)

主にポケモンについて書いていきます。(ポケモン考察、パーティ考察がメイン)

【バトルオブシンオウ考察】環境トップメタを考える。【考察/流行り予想】

みなさんこんにちは、神崎アレンです。

今回はバトルオブシンオウの環境考察をしていきたいと思います。

f:id:kanzakiALLEN718:20180214103056j:plain

おそらく出てくるであろうポケモンを予想/考察していきます。

参加される方のパーティ構築の参考になれば、嬉しい限りです。

 

 

       バトルオブシンオウで見かけるだろうポケモン

 

ほのおタイプ

 

   ゴウカザル

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214103103g:plain

シンオウ地方は炎タイプが極端に少ない為、必然的にこいつの採用率は上がると思います。『猫騙し+インファイト』でポリゴン2を安全に処理できる事やアンコール、挑発を覚えるため今回流行るだろうハメ構築や受けループにも強いのが特徴。

隠れ特性の『鉄の拳』によって雷パンチの威力が高い事、素で108もある素早さ種族値によってギャラドスにも強く出れる事も良いポイント。ステロ展開要員としても使えます。

  ヒートロトム

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121132g:plain 

炎枠2枚目。シンオウ地方でまともに使えるような炎ポケモンは前述したゴウカザルとこいつしかいません。(ブースターが辛うじて使えるかも‥‥)

主としてはスカーフを巻いての運用になると思います。ゴウカザルとは少し違いトリックによってこだわりアイテムを押し付けることによってポリゴン2を機能停止にすることができます。またスカーフを持っていればギャラドスの上を取れますので電気技でしばけますね。特性浮遊も優秀。ただ問題点がありましてこの環境では水ロトムの方が刺さっているのでわざわざこいつを採用する必要性はないかもしれません。

みずタイプ

 エンペルト 

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121139g:plain
水/鋼の複合タイプが優秀ですね。当時は話題になったものです(懐古厨で、すまん)

欠伸+ステロが出来る数少ないポケモンですので、起点作成要員として採用されると思います。またDP時代とは違いフェアリータイプが追加された今回の仕様により鋼技の価値が上がったので、腐りにくいのも特徴。同じ動きをするポケモンにカバルドンが居ますが、火力面も期待できる事からこちらをオススメします。

  ギャラドス

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121142g:plain
 

強面ポケモン協会会長。貴重な『威嚇』枠です。優秀なタイプによりUSUM環境ではゴツメ受けが流行ったりしました。ただし今回はあまり出てこないと思います。確かにポテンシャルを秘めたポケモンではありますが、電気タイプは必ず出てくる事、雷パンチがサブウエポンに採用されやすい事。メガシンカもヒコウZも使えない事などが相まって動きにくいポケモンになると思います。もちろん火力は十分に期待できますので、上手く起点を作る事が出来れば竜舞を積んで全抜きも狙えると思います。

   ゴルダック

 f:id:kanzakiALLEN718:20180214121145g:plain 

採用率は低めでしょうが、ルンパッパ、キングドラなどが使えない事により雨パエースとしての役割を担うかもしれません。スターミーも同じ感じで使用率が上がってくるかも。耐久面は期待できないので死に出しや、レットカード退場から繋げましょう。進化前のコダックも輝石で運用されるかも知れん。

  マリルリ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121149g:plain 

昔は雑魚だったのに、『はらだいこ』習得に、フェアリータイプ追加で世代が上がるたびに強くなっていっているこのポケモン。色違いの方が良いと言われる数少ないポケモンですね。オボン+はらだいこ+力持ちが強力なポケモンでもあり、物理フェアリータイプ最高打点の『じゃれつく』を覚えるのも良いですね。特に4世代最強だったガブリアスに対して強く出れるのも加点ポイント。

  ぺリッパー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121153g:plain
 特性の変更により雨パで必須級にまで昇格したポケモン。

覚える技も優秀で熱湯を始め、草タイプに強く出れる暴風なども覚えます。

追い風サポート展開もでき、更にはトンボ帰りで退場も出来るので雨パ使いにはたまりませんね。

   ミロカロス

 

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121157g:plain 

特性による物理受け強化を武器に採用する事が殆どですね。ミロカロスを作った事がないので詳しくは話せませんが、レートでは火炎玉や突撃チョッキを持たせるパターンをよく見るイメージですね。

  マンタイン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121201g:plain 

一度レートで完封させられてからこいつが恐怖でたまりません。

ギャラドスと同じく水/飛行という優秀な組み合わせに加え、H85-D140という素晴らしい耐久数値を誇ります。

ギャラドスとは違い回復技『羽休め』を習得しますし、特性が『貯水』ですので水/地面の両方を無効化できるます。そのため採用率は上がると思います。

くさタイプ

 

  ロズレイド 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121204g:plain 

DPチャンピオンのシロナが使っていた事もあり思い入れがある方も多いのではないでしょうか?こいつは今回意外と使えるかも知れません。

まず『どくびし』を撒く事が出来るポケモンである事が1番の武器ですね。ガブリアスが蔓延するだろう今回の環境ではポリゴン2が流行るでしょうし、ラッキーを始めとする受けループも台頭して来るでしょうから『どくびし』が刺さるかも知れません。また水ロトムに強いのも良いポイントです。

  ユキノオー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121208g:plain 

霧パエース若しくは、トリルエースとしての採用が大半でしょうね。

炎枠が非常に少ない環境なので、動きやすいでしょうし、氷/草の技をタイプ一致で打てるのはデカイです。火力で押し切っていけるので使いやすかと思います。(『こおり』とかいう異常状態を許すな。)

  リーフィ

 f:id:kanzakiALLEN718:20180214121214g:plain 

晴れパエースとしての採用が想定されます。

チェリムが使えるのでそれなりに面白いパーティが作れるとは思いますが、ぺリッパーのように場に出るだけで天候を取る事が出来るポケモンがいないので使いこなすのは難しいかも知れません。

  カットロトム 

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121136g:plain

水ロトムに対抗して出れるのは良いポイントですね。ただ採用するなら水ロトムの方が優秀なのであまりオススメはしません。でんきタイプ

でんきタイプ

 

  サンダース

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121221g:plain 

130族である上にブイズ特有の器用さを武器にレートにやって来ると思います。具体的には雨パ始動とかですかね。雨降らしを撃てる上に、雷が必中となりますので相性がいいです。あとは高速移動バトンとしての採用もされると思います。

  レントラー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121224g:plain
貴重な『威嚇』枠。採用されるとしてもパーティーがよほど特殊によっていないときついかと思います。それでも人気は高いでしょうから多少は採用されると思います。ガブ、マンムー、ゲンカー等には勝てる可能性あり。

  パチリス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121227g:plain
セジュンを目指す方は頑張ってください。 

かくとうタイプ

 

  カイリキー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121230g:plain
貴重な格闘枠。スカーフを巻けばガブリアスを上から『冷凍パンチ』でしばけます。爆裂パンチと特性『ノーガード』の相性も良く、技構成次第でなんぼでも環境に強くなると思います。

  ヘラクロス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121233g:plain
特性『こんじょう』を生かした反撃が主な戦い方になると思います。ストーンエッジによって炎タイプでさえ返り討ちにできます。先制技には気を付けましょう。

  ルカリオ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121236g:plain
襷+石火+がむしゃらが主な戦い方になってくるでしょう。攻撃力はかなりありますので先制技にも期待できます。格闘技は数値受けポケモンに、鋼はフェアリーに打点がありますので戦っていけると思います。

ノーマルタイプ

 

  ムクホーク

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121241g:plain
貴重な『威嚇』枠。こいつもがむしゃら戦法が使えますね。良く見る型としては鉢巻ブレバや命の玉持ちがあり、ガブリアス並みにある攻撃力を生かして立ち回っていくといいでしょう。

 

  ラッキー、ハピナス

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121244g:plain

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121251g:plain
言わずと知れた数値受けポケモン。特殊にはめっぽう強いですが『気合い玉』を格闘技枠として採用してくるポケモンは『フーディン』ぐらいですので活躍は少しは厳しいかもしれません。受けルを使うなら採用しましょう。電磁波は弱体化されていますのでご注意を

  カビゴン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121258g:plain
この時代ではあり得なかった特性『食いしん坊』に教え技『リサイクル』によって新しい戦い方が出来ます。のろい習得も大きいですね。起点が作れれば、のろいをがん積みしていきましょう。

  ポリゴン2

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214103122g:plain
ガブリアスに強いことから大量増殖しそうなこのポケモン。対策は必ずされるので格闘枠や、トリック、異常状態には十分気を付けましょう。

  ポリゴンZ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121301g:plain
Zテクスチヤーが使えないのであまり採用率が高くないと思います。使われるとしてたらスカーフ+『さわぐ』の採用になると思います。

ひこうタイプ

 

  クロバット

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121304g:plain
雨降らし要員として昔は流行ったものです。

今は特性『すり抜け』がありますので身代わりにも強いですね。輝石ゴルバットも強いですぞ~

  フワライド

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121314g:plain
誘爆+大爆発。以上。

 

  グライオン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121317g:plain
大量増殖待ったなし。毒を撃てる、はたきも撃てる、ハメ戦法万々歳。環境にぶっ刺さりのポケモンだと思います。ガブリアスと一緒に死ぬと考えていたら大間違い。

  トゲキッス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121321g:plain
『てんのめぐみ』とか言う恵まれた特性。エラスラッシュを打っていたらあら不思議、相手が勝手に怯みます。フェアリータイプが追加されていることもお忘れなく。

むしタイプ

 

  ハッサム

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121324g:plain
通称パレパンマン。高い攻撃力+鉢巻(or珠剣舞)+バレットパンチ/でんこうせっかで素早さに関係なく上からしばけます。トンボ帰りによって鉢巻も使いやすいです。

いわタイプ

 

  トリデプス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121330g:plain
The 要塞ポケモン。高い防御、特防を武器に地割れを当てましょう。ステルスロックをついでに捲けるのも強み。

  ダイノーズ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121333g:plain
レベル1での採用が流行ったものです。ただ簡単に型バレするので流行りはしないと思います。

  ドサイドン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121336g:plain
デザインに努力値ブッパしてしまった系ポケモン。トリルエースなどで採用しましょう。どう見ても600族だろw

じめんタイプ

 

  ガブリアス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121339g:plain
強い。鉢巻もスカーフも強い。ただただ強い。

 

  マンムー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121343g:plain
弱点こそ多いものの、地面/氷による技範囲が優秀。ステルスロックを撒けるという利点もあります。ガブリアスと同じような動きが基本的な運用の仕方だと思います。

はがねタイプ

 

  ジバコイル

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121346g:plain

鋼+電気の環境に強い複合タイプです。11もの半減タイプを誇ります。さらに特性『がんじょう』により一度は必ず行動できるのがこいつの強さですね。

  ドータクン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121349g:plain


特性によって弱点のどちらかを消す事が出来るポケモン。トリックルームを貼ったりステロを撒いたり、大爆発で自主退場したりとトリッキーな動きが出来ます。

あくタイプ

 

  ブラッキー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121355g:plain


フェアリー環境だから動きにくいかなって思っていたんですが、afouさんの仲間大会で意外とフェアリーは採用されていなかったので、もしかすると環境に刺さるかも知れませんね。打点がなければ突破できないポケモンなので、こいつは少し意識しておきましょう。

  ヤミカラス

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121358g:plain


俺が大好きなポケモン。いたずらごころはまだまだ使える気がする。

  ヘルガー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121402g:plain


炎技読みで繰り出していきましょう。技範囲は広くないですが『みちずれ』を覚えたり、『挑発』を覚えたりとかなり器用なポケモンです。炎タイプは数が少ないのでこいつを代わりに採用するのもありだと思います。

  ドラピオン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121408g:plain


今回流行るだろう数値受けタイプに対して滅法強いポケモン。ロズレイドの欄でも触れましたが、『どくびし』を撒けるのも良いですね。『はたき落とす』「吹き飛ばし』も大変優秀。

フェアリータイプ

 

  ピクシー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121427g:plain


受けループでの活躍がされるこのポケモン。いやらしい技をたくさん覚えます。

小さくなるをガン積みして避けまくったり、月の光で回復受けしたり出来ます。

フェアリータイプが追加されているのもお忘れなく。

  サーナイト

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121411g:plain


アタッカーもサポートもいけるポケモンです。カプ・テテフと同じタイプで、高い特攻を生かしてアタッカーにするにもありですし、『置き土産』や『みちずれ』などの技、両壁を張れることからサポートにするのもありですね。

どくタイプ

 

  ドククラゲ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121415g:plain


技範囲がエグいポケモン。雨サポートも出来ます。毒はフェアリーに打点がある上に数値受けにも強引に崩していけますので良いですね。更にはタイプ受け範囲も優秀ですので、カスタム性が高いポケモンと言えるでしょう。

  ゲンガー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121418g:plain


特性が変更されてしまったので昔よりは弱くなってしまいましたが、それでも十分に強いです。いやらしい技をこれでもかと覚えますから上手く立ち回れば相手を1匹は持っていけると思います。素催眠はゴミ。

こおりタイプ

 

  マニューラ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121421g:plain


自称ガブリアスキラー。素早さを武器に上から叩きましょう。はたき落とす/けたぐりを覚えるのもいい点ですね。

  オニゴーリ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121430g:plain


害悪戦法専門業者。政府の車で別荘通いする悪いポケモンですね。ガチャの運次第では最強ポケモンへと変身します。

エスパータイプ

 

  フーディン

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121433g:plain


エスパー技は格闘に抜群を取れるのが良いですね。シンオウ地方で使えるエスパータイプはサーナイト/エルレイド/エーフィ/ユクシーぐらいしか存在せず、火力に期待できるのはこいつとサーナイト/エルレイドぐらいなので全然採用候補に入ると思います。気合玉を始めとする優秀なサブウエポンも覚えますのでパーティの裏エースとして使えると思います。

  エーフィ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121436g:plain


特攻/素早さはそれなりにあるものの、こいつは壁貼り要員としての運用が予想されます。なまじ特殊攻撃力があるので腐りにくいのも良い点ですね。

  ユクシー

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121439g:plain


シンオウ幻で唯一使える可能性があるポケモンですね。サーナイトと同じような動きをします。違う点としては、ユクシーはステルスロックを撒くことが出来る事、サーナイトは火力要員としての面も持ち合わせている事ですね。

 

ゴーストタイプ

 

  ムウマージ

 

f:id:kanzakiALLEN718:20180214121444g:plain


起点作りとしての採用が予想されます。『トリックルーム』や『鬼火』、『置き土産』や『呪い』を覚えるので数値受けポケモンや、特殊アタッカーに対してちょっかいを出していけます。『悪巧み』を積んでアタッカーとして採用するのもアリかも。

 

〜最後に〜

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

詳しくは出来ませんでしたが、多少の参考になればと思います。

ではまた!