神崎アレンのポケモン部屋♩(kanzakiALLEN’s blog)

主にポケモンについて書いていきます。(ポケモン考察、パーティ考察がメイン)

【ウルトラサンムーン】リザードンY育成論 -業火滅却!-【メガエース/耐久ベース型】

皆さんこんにちは。神崎アレンです。

 

今回はアニメでも大人気のリザードンを育成していきます。オススメの調整が見つかったので紹介したいと思います。

 

 リザードンとは

f:id:kanzakiALLEN718:20180313231238g:plain

言わずと知れた厨ポケ。第六世代で物理型のリザードンX、特殊型のリザードンYの両方のメガ進化を手に入れ、しかも選出画面ではどっちか分からない(予想は出来ますけどね)という特徴があります。技も良いものが揃っています。

 

 どっちにするか


正直めっちゃ悩みました。どっちもカッコいいし。
でも最近の需要的にはリザードンYが多いらしい(←いやらしい)ので先に特殊型のリザードンYを育成しようと思います。リザードンXの回はまた改めて。

 

育成考察

 

どっちにするかも決まった事ですし、早速育成していきましょう!
という事で、ネットで調べて見ましたが、csぶっぱ振りが多いんですよね。csぶっぱ振りだと、リザードンの良いところであるその火力には確かに磨きがかかるんですが…リザードンって結構、後投げは出来ないんですよね。ステルスロック撒かれてしまったら体力半分持っていかれますし。耐久値は正直心許ないんですよ。
なので、今回は耐久振りにしようと思います。リザードンはsを削っても幸いニトロチャージという技がありますのでなんとかなりそうです。
ニトロチャージはミミッキュに当てると化けの皮を剥がせますし、素早さで抜く事も出来ます。

 

 性格


今回は特殊型で使うので控えめ(特攻↑攻撃↓)で確定です。

 

 素早さ調整


sに20振れば、準速キノガッサを抜けます。またsに36振ればテッカグヤを抜く事が出来ます。sに60まで振ればニトロチャージ一回で最速ゲッコウガまで抜く事が出来ます。ざっとこんな感じですね。正直ゲッコウガ(素早さ種族値122)まで努力値を割いたら耐久に割けないので、今回は採用しない事にします。

 

 努力値配分


有名な耐久型リザードンの努力値の振り方はH252 B100 C116 D4 S36って感じらしいのですが、計算してみたら特化ボーマンダの捨て身タックルを耐えないんですよね。(トレーナー天国さんの計算機をお借りしました。)

 

「どうしてもマンダを耐えたい!でも最速テッカグヤぐらいは抜きたい!」

 

という事で色々計算した結果、今回はH172 B172C116S36という配分が良いと思いました。

マンダの捨て身タックルも耐えますし、返しのめざパ氷で倒す事が出来ます。
という事で今回はこの型を使いたいと思います。
(s負けてるから後出し出来ないじゃんとかいう文句は受付けません笑、マンダはsに52も振らないとニトロチャージ一回で抜けないので、そこまでやるのは無理っす。どうしてもっていう方は、csぶっぱがオススメです。)

 

 

 技構成


1、大文字
命中不安定でごめんなさい。でも耐久にだいぶ割いたせいでこれしか無いです。

オーバーヒートはギリギリだった特攻が二段階も落ちますので抜きエースとして採用するなら無いです。サイクルを回して扱える自信がある方はオバヒでどうぞ。
また、火炎放射だとh4カプ・テテフを倒せないんですよね。csぶっぱの方が良いのかなぁ(今更)

2、ソーラービーム
リザードンYといえばやはりこれ。特性の「ひでり」とのシナジーがかなり良く、苦手な水タイプにある程度戦えます。(倒せるとは言っていない)
注意しなければいけないのは、腕白HBカバルドンです。cを最低限まで削ったせいで倒せないです。作戦があるのなら別ですが、効果抜群だからといって打たないように。


3、ニトロチャージ
今回sを削る代わりに採用しました。まぁ何も倒せないですね。
ミミッキュに打って行きたいところ。

4、めざパ氷
ボーマンダに対する打点です。HD特化ボーマンダでも倒せます。最近はいないですが、防御に振っていないランドロスやガブリアスなら倒せます。(交代読みで負担をかけて行きましょう)

 

カバルドンとの相性も良いのでこちらも参考にどうぞ↓

 http://kanzakiallen718.hatenablog.com/entry/2018/02/11/225423

 

 最後に


ざっとこんな感じですね。本当なら与ダメージとかも書いていきたいんですが、まぁダメ計載せてもそれをいちいち覚える人はいないと思いますので載せません。ポケモン徹底攻略さんの方で詳しいものはまた出していきたいなと思います。(やらなそう)

 

ではまた!